『銀河英雄伝説』(ぎんがえいゆうでんせつ)は、田中芳樹によるsf 小説。また、これを原作とするアニメ、漫画、コンピューターゲーム、朗読、オーディオブック等の関連作品。 略称は『銀英伝』(ぎんえいでん)。原作は累計発行部数が1500万部を超える ベストセラー小説である。 ジェシカ・エドワーズ(テンプレート:Llang) [編集 | ソースを編集] (声:小山茉美) ヤンと彼の親友であるラップにとってマドンナ的存在だった女性。 アスターテ会戦の戦没慰霊祭で、トリューニヒト 国防委員長を糾弾、命を憂国騎士団に狙われるが危ういところをヤンに助けられる。 [mixi]銀河英雄伝説 雑談トピック3 2が1000行ったので作りました。引き続き銀河の歴史について、色々語り合いましょう。 学生時代から、ヤン・ウェンリー、ジャン・ロベール・ラップの共通の友人であり、後にラップと婚約を果たす。ラップの戦死後は反戦運動に力を入れていた。ハイネセンスタジアムにおいて、クーデターを批判する平和集会の最中に割り込んできたクリスチアン大佐に対し、痛烈に反論した結果、逆上され銃床で殴殺されてしまう。 銀河英雄伝説DieNeueTheseにて、ジャン・ロベール・ラップの死亡シーンや、ヤンがそれを知るシーンてありましたか? 本項では田中芳樹のSF小説『銀河英雄伝説』の登場人物のうち、自由惑星同盟に所属する人物について解説する。, なお、特に断りがない場合、原作の記述・設定をメインとして説明している。出典や声優の記載ルールなど、凡例は銀河英雄伝説の登場人物#凡例を参照のこと。, 正式名は自由惑星同盟軍第13艦隊。イゼルローン駐留艦隊を兼務し、同盟滅亡後はイゼルローン革命軍となる。, 同盟軍最強の陸戦隊。正確な職制では独立した陸戦隊であり、ヤン艦隊指揮下では無かったが物語展開上ここに記載する。, 肩書は特に断りがなければ登場時のもの。物語開始時点では第12艦隊まであり、パエッタ、パストーレ、ムーアはアスターテ会戦、それ以外は同盟による帝国領侵攻作戦時である。第13艦隊はアスターテ会戦後に新設、第14、15艦隊は「神々の黄昏」作戦の発生に応じる形で新設される。, 革命軍の象徴であるヤンが死亡したことにより本音では離脱したいが、逃亡者と蔑まされたくないために消極的に残ろうと考えていた者に対し、「重鎮のムライすら離脱するなら」と自己正当化の理由を与える役目。これによってユリアンは将来、足を引っ張る恐れのある人材を整理できた, 『銀河英雄伝説事典』では、第5巻5章にてシェーンコップ、フレデリカ、キャゼルヌらが一斉昇進し「ヤン艦隊の武勲に比較しての人事の停滞を、一気にまとめて解決した」と記述のある宇宙暦799年2月(ランテマリオ会戦直後)を昇進時期としている。, 本来、ヤンはシュナイダーの降級の必要性は認めていなかったが、メルカッツと同じ2階級降級で中尉となることを主張したため、妥協して1階級降級の大尉となった, フィッシャーの艦隊副司令の地位まで継いだかは不明確で、作中ではあくまでフィッシャーの役割(艦隊の再編と運用の責任者)を「擬せられた」とある。また直後にヤン自身も死んでおり、ユリアンのもとで艦隊運用を担っていたかどうかは不明である。, 声はダスティと同じ井上であり、「螺旋迷宮」第13話エンディングクレジットでは「アッテンボロー(父子)」と表記。, このシーンは道原版・ノイエ版で共通して登場するが、原作とOVA版には存在しない(アッテンボローが本格的に登場するのは原作第3巻からで第1巻時点では未登場)。, ただし、後に記述された説明ではメルカッツが奪ったのは戦艦464隻、宇宙母艦80隻とある, 通例であれば捕虜収容所では士官と非士官が分かれ、非士官が実権を握ることが常と説明され、大佐だったケーフェンヒラーが捕虜の代表であること自体が、指導力や人望において彼が傑物であることを示唆する, この時系列はOVA版と原作で異なる。OVA版では既にヤンはハイネセンに凱旋し、シトレに辞職願を出しているが、原作では補欠選挙があったのはハイネセンに凱旋したヤンがシトレに辞表を出した日の先週の出来事である, 『銀河英雄伝説事典]』収録「対談再録 田中芳樹×梶尾真治」(『SFアドベンチャー』1988年1月増刊号より再録), インタビュー 第16回 羽佐間道夫<シェーンコップ>「2001年DVD制作時インタビューより抜粋」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=銀河英雄伝説の登場人物・自由惑星同盟&oldid=80944298. 「固い信念なんてもんはかえって信用おけんね。だいたい戦争なんてものは固い信念を持った者同士が起こすんだから」 - ヤン・ウェンリー, 彼女の死後、反戦派の人々がジェシカの名を拝した民間団体「エドワーズ委員会」を結成する。 銀河英雄伝説. この際、反戦市民連合員たちはヤンとソーンダイク議員とが写った写真を「主戦論者に一泡吹かせるため」に利用しようとしたが、再びジェシカに制止された。 概要. 「死ぬ覚悟があればどんなひどい事をやってもいいと言うの? 信念さえあればどんなひどい事もどんな愚かなこともやっていいと言うの? 暴力によって、自ら信じる正義を他人に強制する人間は後を絶たないわ。銀河帝国を作ったルドルフも。そして大佐、あなたも!」 委員会は街頭活動とデモで訴えようとするが、集会を許可されたのにも関わらず警官隊が来て規制し、参加者は裏通りに向かうが、そこに憂国騎士団が現れ女子供関係なく次々と殴り倒される。さらに警官隊はその憂国騎士団の行為を黙認したばかりか、負傷した委員会のメンバーを「会員同士の内紛による騒乱罪」で逮捕した。そしてマスメディアは警官隊の発表通りに報道したのである。この事件はトリューニヒトが政府と軍部とジャーナリズムを完全支配した事を意味するのだ。 本項では田中芳樹のsf小説『銀河英雄伝説』の登場人物のうち、自由惑星同盟に所属する人物について解説する。. 市民集会を力で従わせようとするルグランジュに対してジェシカ・エドワーズが言った言葉。 このセリフは第21話の【17:11】付近で登場します。 ⇒ 銀河英雄伝説 第一期 第21話「ドーリア星域会戦、そして…」を31日無料を利用して見る 救国軍事会議の首班ドワイト・グリーンヒル大将(査閲部長)は、集会を解散させるために向かったクリスチアン大佐に「くれぐれも穏便に」と念を押している。しかし会場に向かった大佐は、武器無き平和を否定し、「死ぬ覚悟もないのにデカい口をききやがって!」と叫び、クーデターを糾弾する市民を殴りつけた。命を賭して政治を正そうとする自負に基づくクリスチアンの発言に対して、ジェシカは痛烈な批判を投げかけた。 ジェシカは、兵士とともに死地に身を置く救国軍事会議に対し「死ぬ覚悟さえあればどんなひどい事をやってもいいの?」と述べている。 銀河英雄伝説Die Neue These第九話「それぞれの星」あらすじイゼルローン要塞占拠から約3か月後、自由惑星同盟最高評議会では、レベロ財政委員長が銀河帝国の講和による停戦を訴えていた。アスターテ会戦における戦死者の遺族年金や、イゼルロ 自由惑星同盟軍・士官学校事務長を父に持つ音楽教師。学生時代のヤン・ウェンリーとその親友ジャン=ロベール・ラップとは、共に戦史研究科の廃止反対運動を戦った仲。 後にヤン・ウェンリーはこうした"信念"について考えを述べている。 ヤンはテロに関するのメディアの取材に対し「共和政治への冒涜であり、主戦論者のはねっ返りの仕業だろう」という旨の意見を述べている。しかしジェシカ圧勝の報道を見た際のヤンは、ドワイト・グリーンヒル統合作戦本部次長との会話で、誰の差し金かを訝しがっている。, 有権者がトリューニヒトなどを支持する状況に不満を抱き、このままで政治が腐敗してしまうのではないかと危惧した軍人たちが「救国軍事会議」を名乗り武装発起し軍事政権を立ち上げる。その際、ジェシカ・エドワーズら野党議員の呼びかけで、ハイネセンスタジアムにおいて平和と自由を回復する市民集会が開催される。参加者は20万人を超え、暴力によって社会を統制するクーデターを糾弾した。 この反論に激怒したクリスチアン大佐は観衆の前にも関わらず、銃床を使ってジェシカの顔を何度も殴打、殴殺してしまう。これを機に、民衆は不満を爆発させ、世にいうスタジアムの虐殺が展開することとなる。 その中で彼らは、政界・財界・官界の人物の子息が徴兵適齢期にもかかわらず、軍隊に入ったのは15%、前線に送り込まれたのは1%以下であることを指摘した。表では戦争を賛美し、庶民を戦線に送り込みながら、政治家たちは特権を利用して徴兵逃れをしている事が明らかになったのだ。 その後のエドワーズ委員会に関しては不明である。なお旧アニメ版では、帝国のハイネセン掌握後の一シーンにて、悲劇が起こったハイネセンスタジアムの前にジェシカの巨大銅像が建てられていた。その事から委員会の会員たちが生き延び、彼女の偉業を伝えるため建てたものと思われる。 題名の状況が前提で、「銀河英雄伝説」の“正史”が、改変されていきます。 ヤン・ウェンリーの詰将棋。 彼がもし、参謀畑から前線の司令官ではなく、情報関連に居たら。… 銀河英雄伝説 (全11巻) Kindle版 第1巻の内容紹介: 宇宙をこの手に入れる──少年の日の誓いを果たすため数々の戦場において、武勲と栄誉を積み重ねてゆく銀河帝国の若き天才、ラインハルト・フォン・ … 『銀河英雄伝説』に登場する、自由惑星同盟側のキャラクターの1人。容貌は薄めの金髪にやや割れ気味の顎が特徴。新アニメ化では、概ねOVAや劇場版に準拠しているが、より若者らしい雰囲気が追加されている。最終階級は、本編での初登場時は少佐。戦死後に大佐へ二階級特進している。 ヤン・ウェンリーの数少ない親友であり、士官学校時代の同期生でもある。彼とラップ、そしてジェシカ・エドワーズの3人で、学生生活を送ってきた。 後にジェシカの婚約者となる。軍人としても有能であったよう … 2020-09-21 #24 わが友 [終] ... 見どころと言うと語弊があるのだが、 今回はジェシカ死亡が大きな出来事かな。 そろそろキルヒアイスもアレだな・・・ PickUp!おっぱい 特になし 印象に残ったシーン 熱烈な歓迎 なんでBB… 2020年4月〜9月 ... ラインハルト死亡 ↑自由惑星同盟側の主人公:ヤン・ウェンリーとその副官フレデリカ ... ↑ジェシカ・エドワーズ ↑若き日のヤン・ウェンリー(左)とジェシカ・エドワーズ(中央)とヤンの友達でジェシカの旦那(右) 銀河英雄伝説シリーズ作品一覧。DMM.comでは人気シリーズ(コミック)も電子書籍でダウンロード販売!無料サンプルで購入前にまとめてチェック!PCはもちろんスマートフォンやタブレットでいつでも読める!DMM電子書籍では649,905作品配信中!割引キャンペーン豊富でダウンロード期限なし! この夜、ヤンが憂国騎士団とみられる暴漢に襲われていた反戦市民連合員のを助けた事から、二人は再び再会する。ジェシカは学生時代のヤンに対する思いを打ち明けた。 藤崎竜版「銀河英雄伝説」が、いよいよ道原かつみさんバージョンの漫画より先まで進んでいた。 原作は外伝を除く10巻は一度読み、アニメも友人宅で通して観て、道原かつみさんバージョンの漫画も読ん … ジェシカ・エドワーズ(Jessica Edwards)は、田中芳樹の小説「銀河英雄伝説」の登場人物。. 15 2020/08/10(月) 22:49:08 ID:SpS6v2h4.net 天安門事件回か… 31 2020/08/10(月) 22:50:28 ID:Vll9y/VX.net ヒューベリオンのロゴが入ってる 115 2020/08/10(月) 22:53:40 ID:3vqFK4XJ.net ノイエでもコーネフはクロスワードが恋人なの、銀河英雄伝説まとめブログ「銀速」2ch・twitterからまとめてい … 銀河が昔島 宇宙とか言われてたらしいじゃないですか 島 宇宙=Ko sm osinselで銀河という事なんですかね? 島 宇宙 英雄伝説というのはちょっとよく判らないですね… 3263 ななしのよっしん 銀河英雄伝説という最悪の民主主義が最善の独裁者に負ける小説 [832754451] ... 最も大きな問題はチトー死亡後のセルビア人の民族主義の高揚で ... 一応ジェシカ・エドワーズが野党の議員に当選したり 中仏混血で東洋系の容貌である。原作小説において、“体格は中肉中背、容姿は実年齢より2~3歳若く見え、軍人というよりは学者のような印象を受ける。頭髪はおさまりの悪い黒髪、「見る人(フレデリカ・グリーンヒル等)によってはハンサムに見えなくも無い」「ごくありきたりのハンサム」”といっ … 銀河英雄伝説の二次創作について語るスレ75 ... 婚約者のジェシカは他の男と結婚していて ... 他作品ネタだけどラインハルトの病気が実はfssの騎士代謝で、死亡せず騎士として生き残っちゃったルートとかちょっと考えたりしたな 銀河英雄伝説編 「ヤマト対銀英伝-キャラ対応表」の付属資料として、ここでは「銀河英雄伝説」 の登場人物のコメントを書き記します。 ヤマトと同様、ちょっと、私情が入るかも。 新しい銀河英雄伝説ねノイエテーゼ版。繰り返して見てるんですけどようやく受け入れる事がwww帝国軍総旗艦ブリュンヒルトとバルバロッサ。これ造形が大変そう(≧… なお、フレデリカはイゼルローン共和政府代表になった後に「ジェシカ・エドワーズ女史が生きていらしたら、いいお友達になれたかもしれないわね」と述べている。, 銀河英雄伝説 自由惑星同盟 ジャン・ロベール・ラップ ヤン・ウェンリー ヨブ・トリューニヒト. 銀河英雄伝説. 「私は権力を持った人たちに常に問いかけていきたいのです。兵士たちを死地に送り込んであなたたちはどこで何をしているのかと?」 委員会はこの質問状をトリューニヒト政権に正すが、政権は無視するばかりか、何とあらゆるジャーナリズムでこの事を取り上げなかった。 銀河英雄伝説 Die Neue These. なお、特に断りがない場合、原作の記述・設定をメインとして説明している。出典や声優の記載ルールなど、凡例は銀河英雄伝説の登場人物#凡例を参照のこと。 救国軍事会議のクーデターとは、「銀河英雄伝説」で起きた、自由惑星同盟領における軍事クーデター。 同時期に銀河帝国内で起こった内乱、リップシュタット戦役についてはこちら。 銀河英雄伝説 銀河英雄伝説(9)|救国軍事会議が制圧した自由惑星同盟の首都ハイネセンでは、記念スタジアムで開かれた市民集会が弾圧され、主催者ジェシカ・エドワーズ議員が虐殺され、二万人余の市民が死亡した。ヤン・ウェンリーはハイネセンへの進撃を決意する。 士官学校時代からの付き合いで何をするにも三人で行動していた。ラップもヤンもジェシカに対して好意を持っていたが性格上、奥手なヤンに対してラップは積極的にジェシカをデートに誘っていた。 ジェシカは本心ではヤンのことを想っていたが、そういった事に疎いヤンは「やっぱりジェシカはラップのことが好きなんだろうな。鈍感な私でも気付いてしまうんだ」と見当違いの予測をしていた。 結局ヤンはこういった考えもあり、さらには親友のラップのために自らが身を引くことを決意した。 ただその後、銀河帝国皇帝ラインハルト・フォン・ローエングラムが「アーレ・ハイネセンの巨大銅像の撤去」を指示した事から(同時に自らの巨大銅像の建造も10年間禁止した)、彼女の銅像も後に撤去されたのかもしれない。, 「私は権力を持った人たちに常に問いかけていきたいのです。兵士たちを死地に送り込んであなたたちはどこで何をしているのかと?」 - ジェシカ・エドワーズ この言葉は死地に赴く兵士やその家族の立場から、戦闘を指示する政治家を批判したものである。自らを死地に置かない人間に戦争を行う資格はないとしたもの。 その後、ソーンダイク議員が何者かのテロによって倒れ、ジェシカが支持層を引き継ぐ形でテルヌーゼン補欠選挙に出馬した。ジェシカは、劇的なテロ によって支持率を一気に押し上げ、有効投票数の80%を獲得して当選した。テロの犯人は最後まで分からなかった。 ジェシカが厚い信頼を寄せていたヤン・ウェンリーでさえ、軍事力と政治権力の剥離、シビリアンコントロールの重要性を常に訴えており、自らが政治権力を手にすることはついになかった。ジェシカとヤンの思想の行き違いが、結果としてイゼルローンの政治代表となったフレデリカ・グリーンヒル・ヤン夫人を助ける事になるのは、ジェシカの女としての奇運である。 ... 惑星同盟の首都ハイネセンでは、記念スタジアムで開かれた市民集会が弾圧され、主催者ジェシカ・エドワーズ議員が虐殺され、二万人余の市民が死亡した。 声優:小山茉美/木下紗華(Die Neue These), 学生時代から、ヤン・ウェンリー、ジャン・ロベール・ラップの共通の友人であり、後にラップと婚約を果たす。ラップの戦死後は反戦運動に力を入れていた。ハイネセンスタジアムにおいて、クーデターを批判する平和集会の最中に割り込んできたクリスチアン大佐に対し、痛烈に反論した結果、逆上され銃床で殴殺されてしまう。, ジェシカは、士官学校時代のヤンとラップとの交友を持っていた。この際ジェシカは密かにヤンに思いを馳せていたが、その気のないヤンと、情熱的なラップの態度によってその後を運命づけることになる。, ジェシカは、アスターテ会戦において婚約者であるラップに先立たれた事から、トリューニヒト国防委員長の演説中継に乱入する。トリューニヒトに対し「兵士たちに戦争を命じる、あなたはどこにいるのですか?」と質問を投げかけたのちに退場させられる。 その後、路上でタカ派の過激派グループ憂国騎士団に襲われるが、中継を見て事件を知ったヤンに助け出される。襲撃をトリューニヒトの差し金と考えたヤンは、トリューニヒトに借りを作る形でジェシカの安全を約束させた。, ジェシカは反戦団体「反戦市民連合」に身を投じ、惑星テルヌーゼンの代議士選挙にジェイムズ・ソーンダイク議員を擁立する。しかしヤンがトリューニヒトへの借りを返すために、対立候補と握手したことから、ソーンダイク議員が劣勢に立たされてしまう。激怒した反戦市民連合の参加者たちはヤンを襲撃し暴力を振るうが、ジェシカがそれを制止する。ジェシカは、ヤンが仕事として対立候補の支持をしなければならない事に理解を示した。 平和主義的な立場から発せられた思想ではあるが、しかし作中でこの思想を実践したのは、時に私的な感情から戦争を仕掛ける専制君主ラインハルトや、ジェシカを殺害した救国軍事会議であった。