例年、年末調整実施後の再調整に関する取扱いは、毎年国税庁が発行する「年末調整のしかた」内に記載されています。これは先日ご案内した、「令和元年分 年末調整のしかた」も同様です。 電子申告の導入・運用を支援します。, 令和2年9月10日(木)、国税庁ホームページで「「令和2年分年末調整のための各種様式等」を掲載しました」等が公表されました。, 当サイトは、企業の経営改善を支援する1万名超の税理士集団・TKC全国会と、会計事務所・企業・地方公共団体向けシステムを開発する株式会社TKCが運営しています。, https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/mokuji.htm, https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm, https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_03.htm, https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_05.htm, https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_73.htm, https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_07.htm, https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_09.htm, https://www.nta.go.jp/publication/pamph/hotei/tebiki2020/index.htm, https://www.nta.go.jp/publication/pamph/hotei/tebiki2020/PDF/all.pdf, https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/nencho2020/01.htm, https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/nencho2020/pdf/nencho_all.pdf, https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/zeigakuhyo2020/02.htm, https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/zeigakuhyo2020/data/denshi_10.pdf, https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/zeigakuhyo2020/data/denshi_11.pdf, 日本経済団体連合会「IASBディスカッションペーパー「企業結合-開示、のれん及び減損」へのコメント」を公表, 日本公認会計士協会「IASBディスカッション・ペーパー「企業結合-開示、のれん及び減損」に対する意見」を公表, 企業会計基準委員会「IASBディスカッション・ペーパー「企業結合-開示、のれん及び減損」に対するコメント」を公表, 月額表の甲欄を適用する給与等に対する税額の電算機計算の特例について(令和2年分~令和3年分), 月額表の乙欄を適用する給与等に対する税額の電算機計算について(令和2年分~令和3年分). 個人住民税の「給与所得者の扶養親族申告書」等について 年末調整関係書類について、従業員が控除証明書等データを活用して簡便に作成し、勤務先に提出する電子データを作成する機能を持つ、国税庁が提供する年末調整申告書作成用のソフトウェアです。 【国税庁】令和2年分からの年末調整の簡便化について 国税庁から、「令和2年分からの年末調整の簡便化について」が公表されました。 今年の年末調整では、電子化されますが、10月1日から、「年調ソフト」が公開されます。 また、マイナポータルとの連携も始まります。 令和2年からは、 所得者本人の「合計所得金額」によって 金額が変わります。 合計所得金額が 2,400万円超の方から減額され 2,500万円超の方は受けらえないのと 「給与所得控除」の改正も加わり 令和2年以降の年末調整関係の書類様式(案)が公表 国税庁 基・配・所編 令和2年以降の年末調整関係の書類様式(案)が公表 国税庁 マル扶編 年末調整控除申告書作成用ソフトウェア(年調ソフト)を無料提供 国税庁 改正は令和2年分の年末調整から適用されます。 その適用判定と申告の要否について考えます。 これらの控除の適用判定のフロー図は次のとおりです。 (複雑です。) (出所:「令和2年分年末調整のしかた」国税庁) ‚éŽè‘±‚«‚Ì“dŽq‰», —ߘa2”NˆÈ~‚Ì”N––’²®ŠÖŒW‚̏‘—Þ—lŽ®iˆÄj‚ªŒö•\@‘Å’¡@ŠîE”zEŠ•Ò, —ߘa2”NˆÈ~‚Ì”N––’²®ŠÖŒW‚̏‘—Þ—lŽ®iˆÄj‚ªŒö•\@‘Å’¡@ƒ}ƒ‹•}•Ò, ”N––’²®Tœ\‘ì¬—pƒ\ƒtƒgƒEƒFƒAi”N’²ƒ\ƒtƒgj‚ð–³—¿’ñ‹Ÿ@‘Å’¡, —ߘaŒ³”N5ŒŽ@Œ¹òŠ“¾Å‚̉ü³‚Ì‚ ‚ç‚Ü‚µ@‘Å’¡ƒTƒCƒg‚ÅŒö•\, ¶–½•ÛŒ¯—¿E’nk•ÛŒ¯—¿TœØ–¾‘“™‚Ì“dŽq“ITœØ–¾‘‚É‚æ‚é”N––’²®‚ÆŠm’è\‚̎葱‚«, Å‹­‚̐Ŗ±î•ñ’ñ‹ŸƒTƒCƒg@ƒ}ƒCƒRƒ‚ƒ“ƒ^ƒbƒNƒX@MyKomonTax, Å‹­‚̐Ŗ±î•ñ’ñ‹ŸƒTƒCƒg@ƒ}ƒCƒRƒ‚ƒ“ƒ^ƒbƒNƒX@MyKomonTAX, –¼ŒÃ‰®Žs’†‘º‹æ–¼‰w1-1-1@JPƒ^ƒ[–¼ŒÃ‰®34F, ç‘ã“c‹æ_“c_•Û’¬1-105@_•Û’¬ŽOˆäƒrƒ‹ƒfƒBƒ“ƒO17F, •Ÿ‰ªŽs”Ž‘½‹æ”Ž‘½‰w“ì1-2-2@”Ž‘½1091 ƒrƒ‹3F. また、国税庁が令和2年10月以降に提供する年末調整控除申告書作成用ソフトウェアについても案内されています。 給与所得者の基礎控除、配偶者(特別)控除及び所得金額調整控除の申告 令和2年の年末調整「所得金額調整控除の新設」 更新日: 2020年11月18日 給与等の収入金額が850万円超の人のうち、3つの条件のいずれかに当てはまる場合は、令和2年から新たに設けられた「所得金額調整控除」が適用されます。 国税庁年末調整ソフトのパソコン版は、こちらからダウンロードできます。 このページからしてわかりにくいです。 年末調整手続の電子化に向けた取組について(令和2年分以降)|国税庁 「適正」「正確」「迅速」な連結会計、連結納税、 令和2年分の年末調整から内容が大きく変わることは、当事務所ホームページの「お知らせ」に <令和2年分>年末調整の改正ポイントについて 掲載をしていますが、今年は更に「年末調整の電子化」が スタートします。 1. 〇 令和2年度の各税務署主催の「年末調整等説明会」につきましては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止及び参加される皆様の安全確保の観点から開催を中止しています。 令和2年9月4日 「令和2事務年度 国税庁実績評価実施計画」の公表(財務省ホームページへリンク) 令和2年9月4日: 福岡国税局で実施される国税専門官採用試験(二次試験)の重要情報: 令和2年8月31日: 国税庁70年史(平成21年7月~令和元年6月) 令和2年8月3日 平成30年度の税制改正で、令和2年10月からは、年末調整手続きの電子化が行われます。 税制改正に伴い、年末調整時における申告書も複雑化され、誤記入が増えている昨今、翌年以降はオンラインでデータの移行が可能になるため、事務負担が大幅に軽減されます。 年末調整の対象となる者】 前提 として、 ① 「扶養控除申告書」 を提出している人で、 ② 本年中の主たる給与の収入金額が2,000円以下 の人です その上で、対象者となる人は、 1 1年を通じて勤務してい … ダウンロードすることができます。 年末調整手続の電子化に向けた取組について(令和2年分以降) 上記の5 年末調整控除申告書作成用ソフトウエアダウンロード (Ver1.0公開中) 国税庁:令和3年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書[pdf]【記載例】 国税庁:令和3年分 給与所得・退職所得に対する源泉徴収簿[pdf] 国税庁:令和3年分 源泉徴収税額表[pdf] 国税庁「年末調整控除申告書作成用ソフトウェア(年調ソフト)」関連 「基礎控除」の適用を受けるためには『基礎控除申告書』を提出する必要があります。「寡婦(寡夫)控除」の適用要件の改正などが行われ、新たに「ひとり親控除」が創設されました。これにより、年末調整の際に『扶養控除等申告書』の提出が必要となる場合があります。 令和2年9月10日、国税庁ホームページにて令和2年分年末調整のための各種様式が掲載されました。 詳細は国税庁ホームページよりご確認ください。 この記事では、令和2年分以降の「公的年金等に係る雑所得の計算方法」について紹介しています。公的年金等をもらっている人が基礎控除や配偶者控除等の適用を受ける場合、「基礎控除申告書」や「配偶者控除等申告書」に金額を記載する必要があります。 申告書に該当する事項等を記載した上、給与の支払者へ提出してください。 (注) この申告書は、本来、給与の支払者を経由して税務署長へ提出することになっていますが、給与の支払者は、税務署長から特に提出を求められた場合以外は、税務署へ提出する必要はありません(給与の支払者が保管しておくことになっています。)。 国税庁のホームページから年調ソフトを. 国税庁hpに「令和2年分 年末調整のしかた」がupされました。もう、この季節かという感じです。主な改正点「給与所得控除額」が改正されています。「基礎控除」が改正され、この控除を適用するためには、給与所得者から『基礎控除申告書』の提出を受ける [令和2年4月1日現在法令等] 所得金額調整控除とは、一定の給与所得者の総所得金額を計算する場合に、一定の金額を給与所得の金額から控除するというものです。 所得金額調整控除には、次の1又は2のとおり、二種類の控除があります。 今年もそろそろ年末調整について準備を始める時期となりました。 詳細については「令和2年分 年末調整のしかた」を確認しなければいけませんが、 主な改正点をまとめてみました。 国税庁 「令和2年分 年末調整のしかた」 国税庁は1月4日、「令和2年分の確定申告書等作成コーナー」を公開し、AppleのM1チップを搭載している端末において、一部のICカードリーダライターでマイナンバーカードなどの電子証明書による電子署名が正常に動作しないことを確認しているとして、注意を呼び掛けた。 【お知らせ】 〇 令和2年の年末調整は改正事項が多いため、控除誤りなどにご注意ください。. 3,年末調整書類は国税庁のhpから入手できます; 4.まとめ ; 1.3つの申告書が1枚の用紙になります 所得税の「基礎控除」の改正、「所得金額調整控除」の創設により、令和2年度分の年末調整で使用する申告書が大幅に変更されます。 給与の支払を受ける人(給与所得者)が、その給与について扶養控除などの諸控除を受けるために行う手続です。 なお、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」は、個人住民税の「給与所得者の扶養親族申告書」と統合した様式となっています。 《総務省ホームページへのリンク》 1. 国税庁が、年末調整の電子化を進めようとしているよね。 年末調整手続の電子化に向けた取組について(令和2年分以降) 令和2年から、年末調整で使用する「保険料控除証明書」や「残高等証明書」を電子データ(電子的控除証明書等)で提出することができるようになると 令和2 年の年末調整から電子データによる会社への提出が開始されることに伴い、国税庁か ら提供される「年末調整控除申告書作成用ソフトウェア(年調ソフト)」を利用して作成・抽 出された電子データの取り込みに対応します。 国税庁の「令和2年分 年末調整のしかた」の105ページに、給与所得者の基礎控除申告書の記入例があります。収入が8,970,000円で所得金額が6,973,000円となっています。右の表では、給与の収入金額(a)が8,500,000円以上の場合、a-1,950,00 国税庁年末調整ソフトのインストール .