不登校生のためのリスタート留学とスキルアップ留学のサポートに力を入れており、英語圏への留学先ではwsoセンターの専属スタッフが情熱的できめ細やかにサポートします。海外留学で新しい一歩を。短期お試し留学もあります。 twq('init','nvirz'); 官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学japan 日本代表プログラム 高校生コース」では、諸外国への留学に必要な費用の一部が奨学金等として支給されます。 afs日本協会の短期派遣プログラム(マレーシアを除く)は、本事業の対象プログラムです。 ・入学金または出願費用 ・授業料金 ・学校の教材費 ・現地サポート料金 ・プログラム参加費 + 渡航に必要な諸 … 「高校留学に行きたいけど、どのくらいの費用がかかるんだろう・・・?」 そんな風に思われている人は多いと思います。そこで今回は、高校留学をする際に必要となる費用の種類と具体的な費用の例をまとめてみました! 目次 1 高校留学に必要な費用2 お 2020.11.16 12月のeil高校生交換留学プログラムの説明会情報を公開しました。 詳細・お申込みはこちらからお願いいたします。 2020.11.04 11月29日(日)にeil高校生交換留学プログラムのオンライン説明会を実施いたします。 a=t.getElementsByTagName(n)[0],a.parentNode.insertBefore(u,a))}(window,document,'script'); },s.version='1.1',s.queue=[],u=t.createElement(n),u.async=!0,u.src='//static.ads-twitter.com/uwt.js', 1999年より【高校留学World】では高校留学のサポートを行っています。正規留学や短期・長期の高校留学などをサポート。また、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、アイルランドなどを中心に高校卒業までサポート致します。 twq('track','PageView'); グローバル化が進む現代を生き抜いていくためには、国際的な感覚を早期に身につけておいたほうが有利と考えられます。そして、海外留学するなら、頭も心も柔軟で学習効果の高い10代のうちに行くほうが良いといわれています。, そのため、高校生のうちに海外留学をすることができないかと考える学生や親御さんは増加する一方です。しかし、高校生が海外留学をするためにはどのくらいお金がかかるものなのでしょうか。トータルの費用は期間や行き先によって違ってきますが、見積もりをしてみると、漠然と想像していた金額よりも安いと感じることが多いようです。, 高校留学費用とひとくちにいっても、海外留学あっせんエージェントに支払うプラン料金だけではありません。別手配となる航空券やビザ申請料、海外留学保険、留学中の個人的な出費を賄うためのお小遣いなど、さまざまな内容があります。, まず、海外留学あっせんエージェントに払うプラン料金には、学校に支払う出願料や授業料・教材費、ホームステイや学生寮、シェアハウスなどの宿泊と食事の代金、オリエンテーション代などが含まれます。オリエンテーションとは、留学生が早く新しい環境に慣れることができるように、学生生活の過ごし方や単位の取り方などに関する指導を意味します。, また、留学期間が数カ月におよぶ場合、プラン料金に全期間の宿泊・食事代が含まれていないケースもあるので、注意が必要です。, 次に、航空券やビザ申請料が必要ですが、これは行き先国や渡航時期によって異なります。航空券代は10万~20万円くらい、ビザ申請料は渡航先国の大使館に支払う費用が数千円程度です。加えて、旅行代理店などに手配代行を依頼した場合は、数千円位の手数料が追加で請求されます。, さらに、海外留学保険料が15万~20万円程度かかります。海外留学保険とは、海外滞在中の事故や病気、盗難などのトラブルといった一般的な海外旅行保険の補償内容に加えて、留学生向けのさまざまな特約が付加された保険です。留学中は不慣れな環境に身を置くことになるため、普段よりも病気やけがをしたり、事故にあったりしてしまうことがあります。, ましてや海外においては、日本では想像できないようなトラブルに見舞われることも少なくありません。そのため、どこの海外留学あっせんエージェントでも、海外留学保険は必ず加入するようにおすすめしている傾向です。, 最後に、海外留学中のおやつや飲みもの代、交際費や娯楽費など、留学生のお小遣いに該当する費用が、海外留学あっせんエージェントや航空会社、保険会社に支払う料金とは別に必要となります。, 高校生が海外留学をする場合、まだ将来の希望進路がしっかり定まっていない状態であることも多いため、短期留学が主流になっています。そして、高校生の短期留学には大きく分けると2~4週間の体験留学、または1~3カ月程度の2種類があります。, 2~4週間の体験留学は英語体験や異文化交流などを主な目的とすることが多く、誰でも気軽に参加できるタイプの留学です。この場合、海外留学あっせんエージェントに支払う費用はおおよそ30万~60万円位です。その金額に航空券代・ビザ申請代・海外留学保険代をプラスすると、55万~85万円程度になります。さらに個人的な出費のための予備費が加算されます。, 一方、1~3カ月の留学となると、海外の学校に通学して現地で勉強することを目的とするものが多くなります。この場合は海外留学あっせんエージェントに支払う学費と滞在費の合計金額で50万~100万円程度かかります。この費用にプラスして航空券代・ビザ申請代・海外留学保険代がかかるため、トータルでは75万~125万円くらいと考えて良いでしょう。そこに留学中のお小遣いを足した金額がトータル費用となります。, 高校生が長期留学する場合に多いパターンは9~10カ月のプランで、「1年留学」とも呼ばれています。そして、1年留学の目的としては語学研修や異文化体験、現地の学生と一緒に学ぶなど、内容も多彩です。, 1年留学の場合に海外留学あっせんエージェントに支払うパック料金は300万~500万円位で、そこに航空券代・ビザ代・留海外留学保険代が加算されるため、325万~525万円位になるでしょう。さらに、海外留学中のお小遣いを加算する必要があります。, また、現地の学校を卒業する目的で2年間ほど海外に留学するパターンもあり、こちらは「1年留学」に対して「卒業留学」と呼ばれています。卒業留学の場合、滞在年数×1年留学の費用がかかると考えて良いでしょう。つまり、2年間の場合は650万~1050万円位です。, 期間が長くなるほど、行き先国や学校などによって費用が大きく変わってくる場合が多い傾向です。個人で行く留学は交換留学と違って学費や滞在費が自己負担となるため、どうしても費用は高くなってしまいます。, 留学する期間、また通う学校が公立校か私立校かなどによっても高校留学費用の金額は変わってきますが、目安として1カ月の短期留学をした場合を例に挙げて、留学する主な国ごとの留学費用を比較してみましょう。, イギリスやアメリカ、ハワイに留学する場合、海外留学あっせんエージェントに支払うプラン料金が30万~70万円程度かかります。また、カナダやオーストラリア、ニュージーランドなどを留学先国とする場合は、プラン料金で30万~50万円と少し安くなる傾向があります。しかし、英語文化圏に短期留学する場合、行き先国による費用の違いはそれほど大きなものではありません。, 一方、マレーシアなどアジア諸国に留学する場合は、1カ月で15万円程度の安いプランも見つかる傾向です。また、アジアでもフィリピンのように英語力水準の高い国もあり、高校生に限らずリーズナブルな語学留学をしたい人に人気があります。フィリピンへの語学留学の場合、海外留学あっせんエージェントやプラン内容によっても違いますが、1カ月で13万~24万円程度かかる傾向です。, このように、短期留学の場合は、日本から近いアジアの国々を除き、留学する国による費用の差はあまりありません。しかし、半年以上の長期留学ともなると、留学先の物価や滞在費が高い国なのか、それとも安い国なのか、それによって費用に差が出てきます。加えて、同じようなプラン内容であっても、海外留学あっせんエージェントによって、料金に差がある場合も少なくない傾向です。, 今回は、高校海外留学を検討している学生さんや親御さんのご参考までに、高校海外留学にかかる費用の種類と目安となる金額を、期間別・国別にご紹介しました。, 1カ月程度の短期留学であれば、数十万円~100万円位の留学費用に加えて、個人的な出費のためのお小遣い程度で収まります。海外旅行ツアー料金と比べて考えてみると同じ程度の価格帯であるため、予想外にリーズナブルな金額だと感じる方も多いのではないでしょうか。, しかし、今回ご紹介したのはあくまで参考程度に考えて欲しい目安の金額であり、留学する学校によって費用が大きく異なることも多いといわれています。そのため、まずは高校海外留学する目的や大体の予算を決めて、その内容に合った留学プランを探し、費用の見積もりをしてみてください。, それから、同じような内容の留学プランであっても、海外留学あっせんエージェントによって金額がかなり違ってくることもあるため、複数のエージェントで見積もりをしたほうが良いでしょう。, なかでも「スマ留」は、多くの方に留学するチャンスを提供できるように、他社よりもリーズナブルな価格設定に努めていることをセールスポイントとしている会社です。検討する候補に入れてみてはいかがでしょうか。「スマ留」のホームページでは、無料でオンライン見積もりができます。期間と国を選ぶだけでワンクリックで見積もり金額を見ることができるので、気軽に試してみると良いでしょう。, コラムキャンペーンピックアップ オススメ, サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社リアブロードに属します。複製、無断転載を禁止します。. セブ島の短期留学とは、フィリピン・セブの学校で英語を勉強する「語学留学」のことです。1週間~1ヶ月の時間があれば、誰でも気軽に参加できます。 フィリピンの公用語は英語。多くのフィリピン人が流暢な英語を話します。またセブ島の短期留学は、授業の大半が「マンツーマン授業」で構成されているため、英会話を伸ばせる留学先としても注目されています。現在では年間30,000人以上の日本人が留学しており、国別の … 1カ月程度の短期留学であれば、数十万円~100万円位の留学費用に加えて、個人的な出費のためのお小遣い程度で収まります。 海外旅行ツアー料金と比べて考えてみると同じ程度の価格帯であるため、予想外にリーズナブルな金額だと感じる方も多いのではないでしょうか。 海外では大きく分けて滞在先の学校授業料やプログラム参加費、渡航に必要な諸経費、滞在費・生活費が必要となります。渡航後の滞在費や生活費以外は、原則日本国内での支払が必要となりますので、まとまった金額が出発する前に必要となることを念頭に置くことが大切でしょう。 学校授業料やプログラム参加費用 1. 留学にかかる総費用を説明、解説。授業料、滞在費、航空券代、生活費、保険などどこにお金がかかるのか、物価はどれくらいか、費用を安く抑えるポイントを説明します。ニュージーランドへの語学留学、親子留学、大学や中学、高校に通う場合の総額費用の目安も紹介します。 そして、お小遣いも必要です。 過去に留学された方のお小遣いは1週間で約2~3万円、2週間なら約4~6万円、3週間なら約6~9万円相当が平均的です。 今回は高校生が行くマルタ留学について紹介します。費用や学校もよく比較して選んでくださいね。留学ボイスなら、一度に複数の留学エージェントからパンフレットの取り寄せができるので、比較も簡単にできますよ。分からないこともエージェントに相談して、スッキリ! 海外で勉強するにはさまざまな留学スタイルがありますが、交換留学であれば、日本の教育機関に在籍しながら海外の教育機関に留学が可能です。とはいえ、具体的に交換留学がどのようなものなのかは、わかりにくいですよね。そこで今回は交換留学、特に費用について解説したいと思いま … そんな風に思われている人は多いと思います。そこで今回は、高校留学をする際に必要となる費用の種類と具体的な費用の例をまとめてみました!, 学校に支払う費用概算については、学校申込金(出願料)、授業料、滞在費が最低限必要な項目になります。これに加えて、滞在先手配料、空港出迎え料、オリエンテーション参加費などがあります。, また、学校に関連した費用として、教材費や課外活動の参加費などがありますが、これらはどのような科目を履修するかによって、あるいは課外活動に参加するかどうかにのよって異なりますので、現地で必要に応じて支払う場合が多いです。, その他、通学がバスの場合は、バス代が別途かかります。また、ホームステイにはランチが含まれていますが、それだけでは物足りないという場合が多く、高校の売店で軽食やスナックを買って食べるということもよくあります。, また、ホームステイには3食が含まれていますが、お菓子やコーラなどのスナックは基本的には含まれていないので、このような費用も予算の中にいれておきましょう。, また、携帯電話代、個人的に使う消耗品の購入、友達と遊びに行ったり映画を見に行ったりするための費用などがあります。, 学校の費用とは別にこれらの費用としては、月に2~3万円ぐらいをみておくといいでしょう。, なるべく格安の航空券を上手に購入できればいいのですが、安い航空券というのは、通常、予約をしてから支払って購入するまでの期限が短い、購入後の変更ができない、変更ができても変更の回数に制限があるか、変更料がかかるといったように制約が多くなりがちですので注意が必要です。, 尚、学生ビザを取得して留学をする場合は片道航空券でも問題ありませんが、学生ビザが不要な留学の場合は必ず往復航空券を購入することが必要です。, 海外留学保険は、保険プランによって異なりますが、1年間で15~20万円程度が目安です。安くない出費ですし、もしかしたら使わないかもしれないと思うと節約したくなるところですが、保険はあくまでも万が一のためのものです。, 1年以上の高校留学をするのであれば、現地で銀行口座を開設すれば、ATMから現金を引き出すだけでなく、銀行カードでそのまま買い物もできて、便利です。オンラインバンキングの設定をしておけば、日本から保護者がいつどこでいくら使ったということも確認でき、安心です。, 現地で銀行口座を開設して、為替レートが円高になっているときを狙って外国送金をすれば、日本から持って行くクレジットカードやプリペイドカードのように毎回手数料がかかることがなくお得です。, ただ、銀行からの外国送金は銀行手数料が結構かかります。そこでお勧めなのが、TransferWise。三井物産とWiLが出資している外国送金サービスです。, 送金額と送金先の国を入金すると、手数料を含めた送金額と為替レートの一覧が安い銀行順に表示されます。TransferWiseで日本から外国送金をできるのは最大100万円までで、100万円に近い金額だと、他の銀行からの送金の方が安く、TransferWiseは2番目などと表示されることもありますが、そこまで大きな金額でなければ、ほとんどの場合、TransferWiseが安く送金できます。一度オンラインで口座を開設してしまえば、その後の送金もオンラインで簡単です。, カナダやニュージーランドの高校留学の費用がいくらぐらいかかるのかを計算してみましたので、参考にしてみてください。, バンクーバーから車で45分に位置する公立高校に1年間、高校留学した場合の留学費用です。, 【留学先】デルタ教育委員会(Delta School District)【期間】1年間(2学期)【滞在形式】ホームステイ(一人部屋、3食付き), ※2020年10月時点の外囲国送金レート(CAN$1.00 = 81.93円)だと、日本円で約2,121,987円です。, 【学校】Rutherford College(ラザフォード高校)【期間】1年間(4学期)【滞在形式】ホームステイ(一人部屋、3食付き), ※2020年10月時点の外囲国送金レート(NZ$1.00 = 71.90円)だと、日本円で約2,297,205円です。, 【学校】Timaru Boys’ High School(ティマル男子高校)【期間】1年間(4学期)【滞在形式】ホームステイ(一人部屋、3食付き), ※2020年10月時点の外囲国送金レート(NZ$1.00 = 71.90円)だと、日本円で約2,073,596円です。, このサイトを運営している留学サイトドットコムでは、海外進学や語学留学のサポートを手数料無料で行なっています。提携している学校への手続きや費用のお見積もり、学生ビザ申請サポートも無料で行なっております。留学を検討されている方はぜひお気軽にお問い合わせください。, 弊社では、海外進学や語学留学のサポートを手数料無料で行なっています。提携している学校への手続きや費用のお見積もり、学生ビザ申請サポートも無料でできます。ぜひお気軽にお問い合わせください。, OPT(Optional Practical Training)ってなに?手続きは?体験談も。. 韓国短期留学は社会人や高校生にもおすすめで、夏休みや冬休み・春休み・ゴールデンウィークなどを利用することも可能です。そんな韓国短期留学について語学学校や大学の語学堂の説明のほか、1週間~1ヶ月の費用や安い行き方・持ち物を解説しています。 中学・高校生の夏休み短期語学留学とは、学校の夏休み期間を利用して、海外の語学学校へ留学することです。メリットは、異文化の環境に身を置くことで英語力の向上だけでなく様々な国の方と関わり、様々な価値観や文化を感じることができます。 以下が留学期間別の、平均的なマルタ語学留学費用の目安です。 マルタ留学の費用は短期1週間なら10万円以内、1ヶ月なら30万円以内と、カナダやニュージーランド、アイルランドの語学留学と比較して同じくらい安い留学費用が人気の理由です。 海外へ留学したい、ホームステイをしてみたい、 海外で生活したみたい! と思う方の多くが英語が喋れるようになりたい。 と思って留学を考えると思います。 ですから、良く頂く質問は 【英語が喋れないからホームステイができないですか?】 【自分の英語力ではチャレンジできるのか不安。。。。。】 など、英語に関するものが多くあります。 確かに英語も大切だと思いますが、 今までに1000名以上の中高生の留学を見てきた経験を踏まえ、 敢えて誤解を恐れず伝えさせて頂きますと、 本質は、英語力では … 2021年の短期留学コースを公開。厳選された人気コースから、中高生・大学生・社会人などの年代や、アメリカ・カナダなどの国を選択して自分に合ったコースが選べます。費用が安め、初心者向け、オンライン留学などの条件からコースを絞り込むこともできます。  知りたい高校留学の完全ガイド!英語力は必要?費用はいくらかかる?中学卒業と同時に海外の高校へ留学し、そのまま高校を卒業する場合もあれば、数週間から数カ月などの短期間の留学、日本の高校へ入学し、休学しながらの長期留学などスタイルは様々! 治安が気になる方は、ジュニアキャンプ(サマースクール)の参加もおすすめです。一般的にセブ留学のエージェントが取り扱う高校生プランは二つあります。その一つがジュニアキャンプです。 ジュニアキャンプ(サマースクール)とは、一部の学校が開講している夏休み・春休み向けの特別プランです。学校寮に滞在するのではなく、大型ホテルなどを貸し切って実施されます。あらかじめ留学期間が決められており、その日 … 高校生・10代の年間留学プログラム 10代留学で世界が広がる!感受性豊かな10代での異文化体験が、異なる文化への理解とグローバルな視点を育てます。世界の人々と出会い、つながり、友情を育もう! 高校生の中でできる事なら短期でもいいから留学してみたい、と思う子は多いのではないでしょうか。短期留学の場合、どれくらいの費用がかかるのか?比較的費用が安い国は何処なのか?調べてみま … 海外留学で申請可能、返済義務のない奨学金を集めてみました。留学する人の低年齢層が進む今、高校生や大学生のうちに海外で勉強をしておきたいと考えるのも当然、なのですが、留学はお金がかかるもの。できれば返済不要・給付型の奨学金がないものか、とお探しのあなたへ。 高校生の留学費用 出発前から帰国までに必要な費用について 総合トップ» 高校留学» 高校生の留学費用について 高校生になると、夏休みや冬休み、春休みといった学校の長期休暇を利用した短期留学だけでなく、3ヵ月以上の高校生私費留学や1年間の高校生交換留学に参加できます。 カナダの高校に留学してみたいけど、どうやって申し込んだらいいか分からない。そもそも、カナダの高校の制度って日本と同じなの?お金はどれくらい掛かるのかな?入学、卒業するのは難しいのかな?そんな、カナダの高校生活に関する疑問に専門家がお答えします! 留学費用として年間100~500万円もの費用がかかります。また、留学するのが早ければ早いほど日本人の価値観(ものの考え方)から遠ざかってしまう場合もあります。 費用: 中学でも高校でも、学費と滞在費をあわせて年間100~500万円。 ※予算は、1が低く、5が最も高い数字となります。 目安は、1=~150万円、2=~250万円、3=~400万円、4=~500万円、5=500万円以上 アメリカ留学ならncn米国大学機構にお任せください。アメリカの大学での教育機会を提供することを目的に、大学進学、短期留学、mba留学など、アメリカの正規留学・大学留学を語学研修から卒業・就職までサポートします。 高校留学にかかる費用は、留学のタイプや期間、国など参加する留学プログラムによって大きく変わります。ここでは、おもな留学タイプごとに大まかな費用の目安を紹介します。まずは高校留学にかかる費用をざっくりと把握して、今後の留学計画の参考にしてくださいね。 !function(e,t,n,s,u,a){e.twq||(s=e.twq=function(){s.exe?s.exe.apply(s,arguments):s.queue.push(arguments); 同じ留学であっても「高校留学」と「大学留学」では、その目的から難易度、費用、学習環境までまったく異なります。ここでは高校留学と大学留学の違いを徹底解説!2つの違いをしっかり理解して、自分に合った留学のタイミングを知ってくださいね。 // Insert Twitter Pixel ID and Standard Event data below 高校生が高校時代にできる留学について案内します。夏休みや春休みを利用した短期留学で、語学を学ぶ「語学留学」と、引率がつく「団体ツアー」、高校生活自体を現地の高校で過ごす「高校留学」などの留学プランやスケジュール、体験談などを紹介しています。