実はINSEEも出生率と国の経済状況は影響し合っていることを認めている。2008年のリーマンショックやギリシャの財政危機などで緊縮財政を迫られる中、公共支出予算は厳しさを増し、その影響も指摘されている。 期失業者割合まで2009年から2011年の平均のデータ。 これはフランスだけに言えたことではありません。現にアメリカでは、メキシコ出身のヒスパニック系の移民人口が急激に増加しており、2050年には非白人の国になるとも言われるほどです。 フランスって出生率が高いけどあれって白人が生んでるの?どっかの移民が生んでるの? あの国って6000万程度の人口で600万ぐらい移民がいたはずだけど。 経済危機とかやってて移民の子供とか増やし … フランスの白人の出生率が1.4であるのに対し、イスラム教徒は3.4から4、って凄げー anond:20171118104414 ソース は あるかな 、と思って 確認 したらあった。 スウェーデンの人口統計(スウェーデンのじんこうとうけい、demography of Sweden)は、 スウェーデン統計局 (英語版) (SCB)により調査されており、2015年末における人口は、985万人 で、世界で第90位であった 。 2016年には1000万人に達すると予想されている 。 実際、白人夫婦の場合は、事実婚など多様な形態の夫婦の婚外子が社会保障上、法律婚と変わらない扱いを受けていることで、出生率を支えている。一方、移民家庭の高い出生率がなければ、フランスは出生率で優等生ではいられない現実もある。 エマニュエル・トッド (Emmanuel Todd, 1951年 5月16日 - ) は、フランスの歴史人口学者・家族人類学者である 。 人口統計による定量化と家族構造に基づく斬新な分析で知られる。 フランス国立人口学研究所 (INED)(フランス語版) に所属していたが、2017年5月17日付けで定年退職した 。 女性の社会進出と少子化対策: やまもといちろうBLOG(ブログ) <追記>誤字脱字や日本語の間違いが多かったです。。。カッコ悪い。今更ながら改定しております。また、頂いたブコメに対して幾つか回答を追記してます。 ブコメ欄で、id:p_shirokumaさんのコメント 世界人口(せかいじんこう)とは、世界において生存している人の数。 なお、現在の世界人口の約半分が各国政府の研究者が推算しているので資料を閲覧する際には注意を払う必要がある。 国連の2011年版「世界人口白 … 実際、白人夫婦の場合は、事実婚など多様な形態の夫婦の婚外子が社会保障上、法律婚と変わらない扱いを受けていることで、出生率を支えている。一方、移民家庭の高い出生率がなければ、フランスは出生率で優等生ではいられない現実もある。 フランス アイルランド ニュージーランド アメリカ 合計特殊出生率 女性労働力率:15~64歳(%) R=0.55 (資料)Recent Demographic Developments in Europe 2004,日本:人口動態統計,オーストラリアBirths,No.3301,カナダ: 世界の先進諸国は等しく少子化の悩みを抱えていますそんな中、家族政策により出生率を回復させている国がフランスとスウェーデンです。フランスでは、出生率が1994年に1.65で最低となり、2010年 … フランスはヨーロッパの中でも最も出生率の高い国です。eurostatが2016å¹´3月に出した統計によると、2014年のフランスの出生率はヨーロッパ内でトップの2.01でした。 まあさ、ここは嫌フランス白人サイトでもなけりゃ、親移民サイトでもねえ。 移民の側にだって色々と問題はあろうさ。 しかし、たとえばアメリカにひどい人種差別がある(あった)ことに比べて、フランスにそういうイメージを持ってる人ってのは少ないんじゃねえかと思うのよ。 出生率で二極化する先進国 そのため、2020年~2025年までに、出生率に劇的な変化がなければ、かなりの精度で50年後の少子高齢化の姿を描くことができるのです。 少子化が進む日本ですが、先進国を出生率で見ると、多産の国と少産の国に分かれます。 まず日本の女性の社会進出が進んでないというのが嘘やし、移民を除いたらフランスの出生率は日本と大して変わらん . 絶滅するヨーロッパ人 移民政策の結果 人口統計より youtu.be/kq4Kn5vw26k 「…フランスでは人種ごとの統計数字を公表することは禁じられています。 ですから、フランスの出生率には、フランス国籍を持つ 非ヨーロッパ系の出生率も含まれています…」 フランスでは1964年頃から出生率が低下、1994年には1.65まで下降。ところが翌1995年から徐々に上昇し始め、2003年は1.89、2007年には1.98まで回復。同年1.34の日本とは対照的に、ついにはEU 25ヶ国のなかでもトップクラスの「合計特殊出生率(1人の女性が生涯に生む子供の平均数)」を誇るように … アメリカの子育て支援 – 101 – 人は出生率だけみると白人の値に近い。アメリカ は西欧先進国の中で全体人口が増加している数少 ない国である。その中で、マイノリティの高い出  注目点は、この減少傾向が今後、長期化するのか、それとも一時的なのかということだ。INSEEは出生率低下の要因の一つに、フランス人の出産・育児年代に当たる女性の減少を挙げている。つまり、1945年から1964年のベビーブームに生まれた女性が出産年齢を過ぎる一方、1990年代以降、20歳から40歳の女性の数が減少している現実があるということだ。  産む側の女性の事情でいえば、フランスの高い出生率を支えてきた移民家庭の2世、3世の女性たちが、1世よりも子供を産まない傾向が強まっていることも影響している。フランス生まれの18歳から30歳までの移民2世の約5割の親がアフリカ系で、子だくさんのイスラム教徒は480万人もいる。 フランスでは人種別の人口統計を禁止しているが、パリの街ではフランク王国の子孫である住民は少数派になりました。 ロンドンも同様で白人が少数派になってしまったので、白人は有色人種が居ない郊外や地方都市に逃げ出している。 その状況を主要人種別の出生率から確認する。 多民族国家・移民受け入れ・非嫡出子の容認的社会環境を持ち、先進国でも数少ない人口増加傾向 フランスは先進国中で最も早く、19世紀から出生率が低下し始め1930年頃から少子化対策を国家的課題とし、いろいろな研究がなされてきました。その中で不景気になり失業率が高くなれば合計特殊出生率も下がることが結論づけられていますが、まさに日本のバブル後とあてはまります。完全 … フランスでは1964年頃から出生率が低下、1994年には1.65まで下降。ところが翌1995年から徐々に上昇し始め、2003年は1.89、2007年には1.98まで回復。同年1.34の日本とは対照的に、ついにはEU 25ヶ国のなかでもトップクラスの「合計特殊出生率(1人の女性が生涯に生む子供の平均数)」を誇るように … フランスは、もともと主要国の間で出生率が高い国であった。しかし、そのフランスでも、1990年代後半に合計特殊出生率が1.7にまで低下した。その後は反転し、2000年以降では、2000年の1.88から2004年の1.90へと高い水準で推移し、2005年には1.94となっている。 政府によって …  実際、白人夫婦の場合は、事実婚など多様な形態の夫婦の婚外子が社会保障上、法律婚と変わらない扱いを受けていることで、出生率を支えている。一方、移民家庭の高い出生率がなければ、フランスは出生率で優等生ではいられない現実もある。, もう一つの減少の要因は、オランド前政権時代、子供手当の減額や受給条件の厳格化などで、以前より子育てに経済負担が掛かるようになったことだ。フランスが高出生率を保ってきたのは、きめ細やかな手厚い社会保障制度、低い育児費用、大学まで無料の教育費が後押ししていたが、海外留学が増え、教育費は増大している。 先に【アメリカ合衆国のいわゆる「未婚の母」による出生率をグラフ化してみる】において、アメリカ合衆国の出生率が高い原因の一つに、「結婚していない女性により出生した子供(婚外子、非嫡出子)」の増加があることについて触れた。その際、日本の事情も少々説明したが、具 同氏によると、フランスの白人の出生率が1・4であるのに対し、イスラム教徒は3・4から4。フランスでは人種ごとの国勢調査は実施しないが、ガーブ氏ら研究者は、フランスのイスラム教徒の人口は同国人口の10%、670万人に達していると考えている。 国立統計経済研究所(INSEE)の統計では、フランスの2017年の女性1人当たりの合計特殊出生率は1,88人で、2015年以降3年連続で低下している。2014年以前は2人以上だったことから、3年連続の低下は注目されがちだが、欧州連合(EU)内では、アイルランドを抑え、依然優等生だ。  2000年以降、25歳から29歳で子供を産む女性の数は減少しており、2015年以降、さらに減少が加速しているとINSEEは指摘している。実際、フランスの女性が出産する平均年齢は30.6歳で、10年前の29.8歳から初産の高年齢化が進んでおり、女性の出産の年齢幅が狭められている。 ャルル・ガーブ氏によると フランスの白人の出生率が1・4であるのに対し、 イスラム教徒は3・4から4。 フランスの出生率の高さはイスラム教徒にあったんだ! 2017-09-29 12:05:05  パリ大学ソルボンヌ校の人口学者、ジェラール・フランソワ・デュモン教授は、「40年間、出生率の変化は家族に関する政府の政策に連動している」と指摘し、出生率は政府が投資した額に比例していると断言している。無論、政府による過剰な家族支援の効果に疑問を投げかける専門家はいて、出生率の増減の原因を探るのは難しい。, たとえば、ドイツ連邦統計局によれば、2016年のドイツの出生数は79万2131人で、前年比7%増とフランスとは逆の曲線を描いている。出生率も前年の1.50人から1.59人に上昇し、この43年間で最高の数字となっている。 前回、国内の情勢を見ながら少子化対策について検討を加えていくことを書かせていただいたが、今回は海外の事例を挙げていきながら少子化対策とその整合性を検討していきたいと思う。, 世界の合計特殊出生率 国別ランキング・推移 データ更新日2018年4月27日https://www.globalnote.jp/post-3758.html (魚拓), 2016年のデータであるが、全体的な出生率を見るに、数値が多い国というのはやはり後進国、発展途上国の方が圧倒的といえるほど出生率を出している。 欧米や日本のような国については基本的に人口維持率を割るようなケースが多い。先進国といわれる国(定義はバラバラではあるが、ここでは先進国についてはOECD加盟国を先進国として取り扱うこととしよう。)であっても、イスラエルのような例外を除いては、人口維持率には到達していないといえるだろう。, 規模は先進国に比べれば小さく、先進国に文化や状況が近そうな国でも、ニュージーランドやアイスランドといった小国レベルでないと人口維持率にかなり近かったあるいは近い過去に維持率まで回復していたソースはほぼ存在しない。 福祉政策が充実しているであろう北欧諸国やフランスなどといった国を見ても、先進国では高めではある感じなのだが、やはり人口維持率にまでは現在も到達していない。(にもかかわらず、高度の福祉政策を取っていることを理由にこれらの国の手法は有効である、日本も見習うべきであるといった喧伝がしきりにされるものである。)  世界では、経済的な発展を遂げている国ほど出生率が低いというのが基本であることをよく覚えておいてもらいたい。, 日本編でも見たが、先進国の出生率というのは時代とともに似たような変遷を見せている。8か国ではあるが、比較されたものがあるのでこちらを参照にしよう, http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/data/sekai-shusshou.html より(魚拓), グラフを見ると、時期によって動きにいくらか違いはあるものの、どの国も多かった時期から、現代にいたるにつれて出生率は全体的に右肩下がりで推移し、一定の数値で下げ止まるといった感じである。, 基本的に経済が発展していくほど、グラフに乗っている国は順調に出生率は下がっている感じである。多少の上下はあっても、基本的には人口維持率を下回っているという傾向が読み取れる。, (1)フランスの白人出生率と(元)移民の関係  フランスの出生率の関係で、一時期ではフランスの少子化対策は自国民もしっかりと産み育てることができる環境を整えているのであるという話があった。 一時的とはいえ、出生率が2.00以上とかなりの高水準だったことから、フランスを見習え論が出てきた時期もあるくらいだ。(もっとも近年は出生率が下がり気味ではあるが。), 福祉政策もかなり高めで、3人も産めば働かなくても生活できつといわれるほどであり、高い育児支援こそが少子化解決へのカギだと力説されていた。, 高い出生率をだしてはいるが、内実はそこまで大きな効果を期待できないのではないか? とも考えられている。, 欧州のイスラム教徒、40年以内に多数派に よりhttp://vpoint.jp/world/eu/97124.html (魚拓), どこまで本当の話かまでは分からない面もあるようだが、この記事の内容はかなり衝撃的なことである。白人層にはほとんど少子化対策の効果がないということを示しているのである。, 従来のフランスの統計では、フランス国民とイスラム教徒というくくりで統計と取っているものもあった。以下の統計のようなものである。フランス国民も移民には及ばないものの、それなりの高さの出生率があったので、一時期、自国民に対しても大きな効果を出すことができているということで取りあげられていたりもした。 少々古いがこちらの情報を提示したい。, フランスの高出生率を支えるもの--移民の子だくさんという先入観http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20060128/p1 より (魚拓), しかし、この統計には欠陥がある。それは、フランス国民であるという点にもともと移民だった人たちが入っている可能性があるからだ。 フランスの移民政策というのは意外に歴史が古く、第一次世界大戦終結後付近から移民を受け入れを開始している。当初は戦争でいなくなってしまった人を補うために東欧などといった国から人を受け入れていたようだが、第2次世界大戦後はポルトガルやスペインだけではなく、北アフリカの国(モロッコやアルジェリア)といったような国からも移民を受け入れていった。 移民の中で、フランス国籍を取得したという方もそれなりにいるだろう。人種構成もばらばらであるはずである。白人以外の元移民もこの国民の中に含まれているのであり、人種や民族などを考慮していない数値である。 そういった区分けがはっきりしていないのに、国民であることから少子化対策に効果があるというのは早計、いや間違いではないだろうか?, 先の統計が出る前からも、移民系の子供が増えているということは報告があったりもした。 実態としては、白人の出生率はほぼ報告通りなのかもしれないという一端が垣間見られる。, http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/k7/171118.htm, 以前から少子化の要因として(元)移民ではないかと言われているような話と、本件の話は合致している。では、フランスのケースはフランスだけの特別な事象だけなのか? 先に結論から言うと、他国でも似たような話は多い。 移民関連の影響があるのではという話はアメリカやイギリスなどでも同様の話を探すことが可能である。様々なケースが存在するが、以下の情報を挙げよう。, フランスの国籍でない状況でも、非移民にカウントされる。要するに外国からの移民が出産した場合であっても、フランス国民と同じとカウントされるわけである。やはりフランスの統計はそのまま信用するべきではないというのが正直な感想である。, http://www.garbagenews.net/archives/1646605.html より(魚拓), このデータを見ればよくわかるわけだが、明らかに白人よりもヒスパニックや黒人の方が高い。 白人自体も確かに出生率は多いわけではあるが、明らかに差があるといっていい。 人口維持率の高さを支えていたのはこのグラフから見れば明らかに黒人系や移民である。, 2008年から、特にヒスパニックの出生率が下がっているのはサブプライムローン問題でアメリカの景気が悪化したことを契機に移民する人が減少してきていることが影響しているだろう。2016年あたりからアメリカでも景気回復という話が出てはいるが、出生率は回復していない。, 【人種格差】、アジア系が健康・教育・収入でトップ!現地日本人やアジア系への戦略は? より, http://blog.livedoor.jp/usretail/archives/51441419.html, http://ssrc-static.s3.amazonaws.com/moa/A_Century_Apart.pdf, 経済面では、決して黒人やヒスパニック(南米系)は良くないことがここではわかる。 逆に白人、特にアジア系は収入が多いにもかかわらず黒人や中南米の人たちよりも出生率は低い。, (ウ)少子化対策をうっていないアメリカ アメリカは福祉国家とは違って少子化対策における福祉政策を実行している国ではない。私が聞いた限りでは、出産してから2週間は解雇してはいけないという法があるくらいで、女性が出産を機に仕事やめるのも普通にあるらしい。, 福祉政策がないにもかかわらず、数値上はかなり高いわけではあるが(白人もそこそこ高い)、福祉政策の有無はたして出生率の改善に効果を生じさせるために必須のものなのだろうか?という疑念もアメリカの事例では見ることができよう。, http://ecodb.net/country/GB/fertility.html より (魚拓), もともと、「ゆりかごから墓場まで」というような格言があるほどイギリスの福祉政策は充実している国家である。しかし2000年代にはちょうど人口維持率は以前に比べてみると低下しているような状況であった。 移民を入れるようになってから出生率は回復傾向にあり、ちょうど移民政策を強化し始めた時期と合致する。 移民を受け入れすぎたせいで、ロンドンでは移民の数がもともと住んでいた人よりもかなり多くなってしまったという記事すらもある。, また、国内の母親がイギリス人であるケースとそうでないケースも数字としてはっきり出ている。, https://eikokugo.com/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%A8%AE%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E7%B5%B1%E8%A8%88.html より, https://wirelesswire.jp/2016/06/54327/ (魚拓), もちろん、イギリス人の母親というのはフランス同様白人とは限らないという点にも目を向けておいた方がいいだろう。, マスキュリズム関連をかじってるペンギン? が、流氷に乗ってnoteに流れ着いてきました。 マスキュリズム関連を中心に何か趣味の物でも書けたらやっていく予定。, 今週末までに一つ記事出します。 少子化論の続きがやっと出来上がりそうです。 世界編ですが、結構な量になりそうです。, 若干お値段高くなってるけど、今回労力が多かったので勘弁してください。 できる限り色々な情報を見ながらまとめてみました。 記事内容はすでに公開していますが、後々追記や追加をすると思います。, ブラジルあたりもガクッと下がってますし、何かと先進的なイメージで語られてるカナダやシンガポールも出生率低いんですよね。, http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/data/sekai-shusshou.html, http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20060128/p1, http://www.garbagenews.net/archives/1646605.html, http://ecodb.net/country/GB/fertility.html, https://eikokugo.com/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%A8%AE%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E7%B5%B1%E8%A8%88.html. Ulala(ライター・ブロガー) 「フランス Ulala の視点」 【まとめ】 ・仏の合計特殊出生率が前年度の1.92人から2.1ポイント減少し1.88人になった。 ・かつて仏で出生率が上がったのは、充実した保障や育児支援よりベビーブームの影響が大だった。 の手段 2019-12-27 2019-12-30 前回(「 出生率からみる世界(1) 〜ピサ・テストや難民危機と表裏一体の出生率 」)に引き続き、出生率を切り口に2010年代の世界の旅を続けていきます。  人口の安定には、女性1人当たり出生率2.07人が必要と言われるが、出生率上昇中のドイツも目標には遠い。移民政策のある欧州諸国では、移民した国で生まれた2世以降は、移民とは見なされない。そんな彼らに助けられてもなお、人口減少をくい止めるには至っていない。, 西洋先進国では、アイルランドと並び突出した高い出生率を誇ったフランスで、生まれる子供の数が下降線を辿り始めている。少子化対策のお手本のように言われ、実際に成果を出してきたフランスでいったい何が起きているのか。在仏ジャーナリスト 辰本雅哉, 出生率が下がり始めたフランスの最新事情 ―出産年代の女性減少、移民2世も少産の傾向―. ®ãŒã»ã¨ã‚“どなく、第二次大戦後での新記録となったことも注目され …