フィギュアスケートはジャンプだけを争う競技でなく、スピンやステップ、技と技のつなぎ、音楽との調和という要素も複雑に絡まり合って作品になっている。 ジャンプは6種類あり、最高難度のアクセルだけ前向きに踏み切る。� ソロ・ジャンプはジャンプ・コンビネーション中に含まれるジャンプとは異なるものでなければならない。, ダブルアクセルを含む、いかなるダブル・ジャンプもソロ・ジャンプとしても、コンビネーション/シークェンスの一部としても、全部で2回を超えて含んではならない, これら2回行ったうちの少なくとも1つがジャンプ・コンビネーションまたはジャンプ・シークェンスの場合、行った両方ともが通常の方法で評価される。, これら 2 回行った両方がソロ・ジャンプの場合、これらのソロ・ジャンプのうち 2 つめに記号“+REP”が付き、本来の基礎値の70%になります。, 同じジャンプ名のトリプル・ジャンプとクワド・ジャンプは、2 種類の異なるジャンプとみなされる。, 1/4 回転以上 1/2 回転未満の場合には,そのジャンプは回転不足 (アンダーローテーション)となります。, テクニカル・パネルは,踏み切りエッジについて判定し,記号 (e) および記号 (!) フィギュアスケートの競技規則 フィギュアスケートの公式ルールは国際スケート連盟(isu)が定めた「special regulations & technical rules single & pair skating and ice dance」を日本スケート連盟(jsf)が翻訳・編集しています。 そんな衣装にもルールが存在します!. 1. ソロ・ジャンプとは、男女シングルの場合はジャンプを1つだけ行うこと、ペアの場合は男女2人が同じタイミングで同じ種類、回転数のジャンプを跳ぶことをいいます。ペアの場合は、サイド・バイ・サイドのソロ・ジャンプといいます。, プロトコルには、下記のように明記されています。これは、ジャンプの回転数とジャンプの種類を表しています。, これは、何回転のジャンプかを示す略記号ですです。現在は1~4回転までが認められています。, 2018年シーズンからは、シングルループ(1Lo)がシングルオイラー(1Eu)と表記されることになり、略記号でいればジャンプの種類は7種類となりました。, ソロ・ジャンプの基礎点(Base Value:ベースバリュー)は、ジャンプの回転数とジャンプの種類により与えられます。 ソロ・ジャンプの場合は、定められたジャンプの基礎点が100%得点としてそのまま加点されます。実際の基礎点は、下記からご覧いただけます。, ジャンプ・コンビネーションとは、2つまたは3つのジャンプを連続して行うことをいいます。4つ以上のジャンプを連続して行うことは、フィギュアスケートの競技会では認められていません。, ジャンプ・コンビネーションを行う際の2つ目や3つ目のジャンプは、着氷した足と同じ足で踏切る必要があります。反時計回りの回転でジャンプを行う場合は、全てのジャンプを右足で着氷します。よって、右足で踏切るトウループジャンプかループジャンプが、ジャンプ・コンビネーションの2つ目や3つ目に使用されるジャンプとなります。, 3連続のジャンプ・コンビネーションの場合に、2つ目のジャンプにハーフループを跳む場合があります。ハーフループは半回転ですが、3連続のジャンプ・コンビネーションの間に使用する場合は、1回転のループジャンプとして認められます。基礎点も1回転のループジャンプと同じ点数が与えられます。, 2018年シーズンからは、シングルループ(1Lo)がシングルオイラー(1Eu)と表記されることになりました。基礎点はシングルループと同じです。, 反時計回りの回転の場合、オイラージャンプ(ハーフループ)は左足で着氷します。よって、オイラージャンプ(ハーフループ)を使用した3連続ジャンプの3つ目には、サルコウジャンプを組み込むことが可能となります。, プロトコルでは、ジャンプ・コンビネーションは「+」マークで明記されています。「+」マークの前後の略記号の見方は、ソロ・ジャンプと同様で、ジャンプの回転数とジャンプの種類を表しています。, このプロトコルのジャンプは「3回転(トリプル)トウループ+2回転(ダブル)トウループのジャンプ・コンビネーション」となります。, このプロトコルのジャンプは「3回転(トリプル)フリップ+1回転(シングル)ループ+3回転(トリプル)サルコウのジャンプ・コンビネーション」となります。, ジャンプ・コンビネーションもソロ・ジャンプと同様で、ジャンプの回転数とジャンプの種類により、基礎点(Base Value:ベースバリュー)が基礎点が与えられます。定められたジャンプの基礎点が100%得点としてそのまま加点される点も、ソロ・ジャンプと同様です。実際の基礎点は、下記からご覧いただけます。, ジャンプ・コンビネーションの場合は、行われた2つまたは3つのジャンプ個々の基礎点を合計します。合計された基礎点が、そのジャンプ・コンビネーションの基礎点となり、プロトコルに明記されます。, 基礎点の算出は2017年シーズンの基礎点で行なっています。2018年シーズンの基礎点でも、計算方法は同じです。, このプロトコルのジャンプは「3回転(トリプル)トウループ+2回転(ダブル)トウループのジャンプ・コンビネーション」です。基礎点は「4.30点(3T)+1.30点(2T)=5.60点」となります。, このプロトコルのジャンプは「3回転(トリプル)フリップ+1回転(シングル)ループ+3回転(トリプル)サルコウのジャンプ・コンビネーション」です。基礎点は「5.30点(3F)+0.50点(1Lo)+4.40点(3S)=10.20点」となります。, ジャンプ・シークェンスとは、2つのジャンプの間を表外ジャンプやホップでリズミカルにつないで行うことをいいます。3つ以上のジャンプをジャンプ・シークェンスとして行うことは、フィギュアスケートの競技会では認められていません。, ジャンプ・シークェンスは、着氷した足や着氷した際の体の向きに関係なく、2つ目のジャンプを行えるのが特徴です。ジャンプ・コンビネーションでは行なえないアクセルジャンプからアクセルジャンプなどの組み合わせも可能になります。, ジャンプ・シークェンスに関する規定は、2018年シーズンより一部が変更となりました。新ルールでは、連続する2本目のジャンプがアクセルのみとなりました。, ジャンプ・シークェンスにはいかなる回転数のいかなる数のジャンプを含んでもよく、それらジャンプのリズム(膝)を保ちながら、ジャンプ同士を表外ジャンプおよび/またはホップにより直接つなげてよい。シークェンスの中には、(ジャンプの入りであっても)ターン/ステップ、クロスオーバーまたはストロークがあってはならない(ターンとは、スリーターン、ツイズル、ブラケット、ループ、カウンター、ロッカーである。ステップとは、トウステップ、シャッセ、モホーク、チョクトウ、エッジの変更を伴うカーブ、クロスロールである)。シークェンス中のいかなるホップであってもスケーターは氷から明らかに離れていることが要求される。ジャンプ・シークェンスではアクセル型ジャンプは上記の要求がみたされれば、別のジャンプに続いて行うことができる。踏み切りのエッジへの動作はステップとみなされない。加えて、アクセル型ジャンプを任意の他のジャンプから続けて、いかなるホップ、マズルカ、および/または表外ジャンプなしでただちに行った場合も、ジャンプ・シークェンスとしてみなされる。, ジャンプ・シークェンスは任意の回転数の2つのジャンプで構成され、任意のジャンプで開始し、最初のジャンプの着氷のカーブからアクセル・ジャンプのテイクオフカーブに直接踏み込み、直ちにアクセルタイプのジャンプに続くものである。, プロトコルでは、ジャンプ・シークェンスは、ジャンプ・コンビネーションと同じ「+」マークがジャンプとジャンプの間に明記され、2つ目のジャンプの跡に「+SEQ」マークが明記されます「+」マークの前後の略記号の見方は、ソロ・ジャンプと同様で、ジャンプの回転数とジャンプの種類を表しています。, このプロトコルのジャンプは「3回転(トリプル)トウループ+2回転(ダブル)アクセルのジャンプ・シークェンス」となります。, ジャンプ・シークェンスもソロ・ジャンプと同様で、ジャンプの回転数とジャンプの種類により、基礎点(Base Value:ベースバリュー)が基礎点が与えられます。, ジャンプ・シークェンスの場合は、行われた2つのジャンプ個々の基礎点を合計し、その合計点に0.8をかけます。合計された点数に0.8をかけた点数が、そのジャンプ・シークェンスの基礎点となり、プロトコルに明記されます。実際の基礎点は、下記からご覧いただけます。, このプロトコルのジャンプは「3回転(トリプル)トウループ+2回転(ダブル)アクセルのジャンプ・シークェンス」です。基礎点は「(4.30点(3T)+3.30点(2A))×0.8=6.08点」となります。, コンボの略記号は、男女シングルのショートプログラムにおいて付けられることがある略記号です。, 男女シングルのショートプログラムには、ジャンプ・コンビネーションが義務付けられています。ショートプログラムでジャンプ・コンビネーションが行われなかった場合には、技術審判はどのジャンプ要素がジャンプ・コンビネーションを意図したものであるかを、演技中あるいは終了後に特定します。, どのジャンプをコンボ扱いにするかは、そのケースバイケースで選手に有利になるよう決まられます。, ショートプログラムにおいて、ジャンプ・コンビネーションを意図したとされたジャンプは、プロトコルに下記のように「+COMBO」マークで明記されます。ジャンプ要素自体の略記号の見方は、ソロ・ジャンプと同様で、ジャンプの回転数とジャンプの種類を表しています。, コンボ扱いのジャンプもソロ・ジャンプと同様で、ジャンプの回転数とジャンプの種類により、基礎点(Base Value:ベースバリュー)が与えられます。定められたジャンプの基礎点が100%得点としてそのまま加点される点も、ソロ・ジャンプと同様です。ジャンプ・シークェンスのように、係数がかけられて基礎点が下げられることはありません。, このプロトコルのジャンプは「4回転(クワド)トウループのコンボ扱い」です。基礎点は「10.30点」となります。, スロージャンプとは、ペアで行われる、女性のジャンプを男性が補助し投げ上げるジャンプです。スローイングジャンプともいいます。ペアでのみ行われるペア独特の要素となります。 スロージャンプは、男性は女性の腰のあたりを両手で補助し、女性のジャンプのタイミングに合わせて斜め上方向に投げ上げます。 男女シングル, で通常行われるジャンプよりも、ジャンプの高さ・幅ともにダイナミックな技です。スロージャンプの種類は、通常のジャンプと同じ6種類になります。, プロトコルには、下記のように「Th」マークで明記されます。その前のマークは通常行われるソロ・ジャンプ同様に、ジャンプの回転数とジャンプの種類を表しています。, このプロトコルのジャンプは「3回転(トリプル)ループのスロージャンプ」となります。, スロージャンプもソロ・ジャンプと同様で、ジャンプの回転数とジャンプの種類により、基礎点(Base Value:ベースバリュー)が基礎点が与えられます。定められたジャンプの基礎点が100%得点としてそのまま加点される点も、ソロ・ジャンプと同様です。, このプロトコルのジャンプは「3回転(トリプル)ループのスロージャンプ」です。基礎点は「5.00点」となります。, 男女シングルで行われるジャンプ要素には、後半ボーナスというものがあります。後半というのは、4分間の演技であれば、半分を過ぎた2分経過したところからが後半に該当します。, 男女シングルの場合は、ショートプログラム・フリースケーティング共に、後半に行われたジャンプ要素(ジャンプ・コンビネーションやジャンプ・シークェンスを含む)は後半ボーナスに該当します。ショートプログラムに後半ボーナスが認められたのは、2012~13年シーズンからです。, 後半のジャンプは、プロトコルに下記のように「x」マークで明記されます。行われたジャンプ要素の基礎点が明記されている箇所の後に付けられます。ジャンプ要素自体の略記号の見方は、ソロ・ジャンプと同様で、ジャンプの回転数とジャンプの種類を表しています。, このプロトコルのジャンプは「3回転(トリプル)サルコウの後半ボーナス」となります。, このプロトコルのジャンプは「3回転(トリプル)トウループ+2回転(ダブル)トウループのジャンプ・コンビネーションの後半ボーナス」となります。, 後半のジャンプもソロ・ジャンプと同様で、ジャンプの回転数とジャンプの種類により、基礎点(Base Value:ベースバリュー)が基礎点が与えられます。定められたジャンプの基礎点が1.1倍された得点が加点されます。実際の基礎点は、下記からご覧いただけます。, このプロトコルのジャンプは「3回転(トリプル)サルコウの後半ボーナス」です。基礎点は「4.40点(3S)×1.1=4.84点」となります。, このプロトコルのジャンプは「3回転(トリプル)トウループ+2回転(ダブル)トウループのジャンプ・コンビネーションの後半ボーナス」です。基礎点は「(4.30点(3T)+1.30点(2T))×1.1=6.16点」となります。, フィギュアスケートには、ジャンプの繰り返し違反という規定があります。別名をザヤックルールと呼びます。, フリースケーティングの場合、全てのトリプル(3回転)およびクワドラプル(4回転)ジャンプのうち、2種類のみを繰り返すことができ、繰り返す場合にはジャンプ・コンビネーションまたはジャンプ・シークェンスの中でなければならない、という規定です。, この繰り返し違反(繰り返したジャンプをジャンプ・コンビネーションまたはジャンプ・シークェンスにできなかった)をしてしまった場合、両方とものジャンプがソロ・ジャンプとして数えられますが、これらのジャンプの2つめに記号「+REP」が付けられ、本来の基礎値の70%の値を四捨五入して小数点以下2桁まで求めたものが得点として与えられます。, ジャンプの繰り返し違反が行われた場合、違反したとされたジャンプは、プロトコルに下記のように「+REP」マークで明記されます。ジャンプ要素自体の略記号の見方は、ソロ・ジャンプと同様で、ジャンプの回転数とジャンプの種類を表しています。, このプロトコルのジャンプは「3回転(トリプル)フリップの繰り返し違反」となります。, ジャンプの繰り返し違反もソロ・ジャンプと同様で、ジャンプの回転数とジャンプの種類により、基礎点(Base Value:ベースバリュー)が基礎点が与えられます。ジャンプの繰り返し違反の場合は、本来の基礎値の70%の値を四捨五入して小数点以下2桁まで求めたものが得点として与えられます。, このプロトコルのジャンプは「3回転(トリプル)フリップの繰り返し違反」です。基礎点は「5.30点(3F)×0.7=3.71点」となります。, 「3回転(トリプル)トウループ+2回転(ダブル)トウループのジャンプ・コンビネーション」, 「3回転(トリプル)フリップ+1回転(シングル)ループ+3回転(トリプル)サルコウのジャンプ・コンビネーション」, 「3回転(トリプル)トウループ+2回転(ダブル)アクセルのジャンプ・シークェンス」, 「3回転(トリプル)トウループ+2回転(ダブル)トウループのジャンプ・コンビネーションの後半ボーナス」. 皆さん、こんにちは。 ドーナツスピンマイスターの中野友加里氏が、現在の女子フィギュアの4回転時代のプレロテについて的確な指摘をしているインタビュー。 彼女の言葉自体はとても興味深く、考えさせられる素晴らしいものだったので、ここでご紹介させて頂くわね。 今回の記事では、フィギュアスケートのジャンプのルールを含めた、要素(種類)と基礎点(得点)、GOE(出来栄え点)についてまとめています。, フィギュアスケートと言えば、華麗なジャンプをイメージする人も多いのではないでしょうか。, 新ルール(2018年7月1日)から演技時間やジャンプの本数、一部の要素の得点やGOE(出来栄え点)の変更などがありました。, シニア男子女子:ダブルまたはトリプル・アクセル 不足している回転 1.1. ジャンプ要素(エレメンツ)の略記号は、男女シングルとペア(ソロジャンプ)で使用します。 ジャンプとは、 助走から跳びあがってから体をひねって回転をして着氷 する、フィギュアスケートにおいて最も分かりやすく有名な技です。 『フィギュアスケートルール改正2018|ジャンプ基礎点(点数)変更【案】まとめ』として記事にしてきました。4回転(クワド)ジャンプを飛ぶ選手が多くなり、フィギュアスケートという競技も変わりつつあるような気がします。 テクニカル・パネ … フィギュアスケートは人気スポーツだが、採点方法を熟知しているファンは少ないだろう。spとフリーを行い、合計点で争う試合方式は広く知られているが、採点の詳細は複雑すぎて難しいという声も多い。そこで基本的な採点方法をまとめてみた。 今回の記事では、プログラムコンポーネンツ(演技構成)の5つの項目や得点の算出方法についてまとめています。 競技を見ただけでは理解することができない、難しいフィギュアスケートのルールを分かりやすく解説しています。「演技前」「演技中」「演技後」と、大まかに3つに分け、それぞれでフィギュアスケートをより楽しむためのルールについて解説しています。 4つ以上のジャンプを連続して行うことは、フィギュアスケートの競技会では認められていません。 ジャンプ・コンビネーションを行う際の2つ目や3つ目のジャンプは、着氷した足と同じ足で踏切る必要があります。� フィギュアスケートのルール改正[2020-2021シーズン]ジャンプ編 フィギュアスケートのルール改正[2020-2021シーズン] 2020年5月11日にISUより2020-2021シーズン用のモミュニケーションが発表されま … フィギュアスケートって毎年微妙にルールが変わる上に、細かいルールがたくさんあるので全部覚えようと思ったら結構大変です。 そこで、そんな細かいルールを知らなくてもフィギュアスケートが楽しめるように、私的にこれ分かってれば楽しめるでしょセレクトで簡潔にお送りします。 国際スケート連盟はフィギュアスケートの2020年−2021年シーズンのルールについて、ジャンプの基礎点改定などを行なった。 主な変更点は、4回転ジャンプのループとルッツのジャンプが0.5点の増減となり、ループ、フリップ、ルッツの3種類のジャンプがすべて11.00点になる。 フィギュアスケートを楽しむならdメニュースポーツ!試合速報や選手データ、最新ニュースを無料でご覧頂けます。さらに、フィギュアスケート入門編として基礎知識や技も解説! 何の違いかと言うと、フィギュアスケートの6種類のジャンプの違いです。 空中で重心をのせ替えながら体を1回転半(シングルアクセルの場合)させます。, ※「シングル=1回転ジャンプ」「ダブル=2回転ジャンプ」「トリプル=3回転ジャンプ」「クワドラプル(クワド)=4回転ジャンプ」, ●新ルールからオイラー・ジャンプ(ハーフループ)略称:Euが追加されています。 踏切の瞬間まで左足のアウトサイドにのっていないとフリップになってしまします。, 唯一前向きで踏切るジャンプです。 平昌オリンピックで金メダルに輝いた15歳のザギトワ。ジャンプをすべて基礎点の高くなる後半に入れた演技は圧巻だったと同時に、多くの議論をも巻き起こし、国際スケート連盟はルール改正を示唆している。フィギュアスケートとは“技術”なのか、“芸術”なのか、それとも――。 2020年5月11日、フィギュアスケートの2020-2021シーズンのルール改正がisuより発表されました。ルールが改定されることで、選手サイドはプログラムを見直しが必要となり、場合によっては新ルールに苦戦する選手も出てくるかと思います。 フィギュアスケートの「ルール問題」。 ジャンプの高難度化、演技構成点の曖昧さ、goe(加点)の判断基準など、 あたしたちが「?」と思うことって多々あると思うのよね。 でも疑問に思う前にまずは現行のルールを知っておくということも、 文句垂れる上で笑、重要なことだと思うのよね。 フィギュアスケートのジャンプ要素では、基礎点(Base Value:ベースバリュー)が減点されるまたは基礎点が0点になる場合(No Value:ノーバリュー)と、基礎点自体には影響がなくGOE(Grade of Execution:出来栄え点)でマイナスされるケースの2つがあります。 フリップはバックワード・インサイド・エッジから踏み切る 1.2. フィギュアスケートの観戦で、もちろんジャンプの成功でハラハラドキドキしたり、表現力に胸打つ瞬間を楽しんだりもそうなのですが、選手がそれぞれ着ている衣装もとっても魅力的ですよね!. こんにちは。フィギュアスケート大好きなヨス(プロフィールはこちら)です。 1998年の長野オリンピックからファン歴はかれこれ20年以上になりますが、最初のころは何が違うのかわかりませんでした。. 平昌オリンピックで金メダルに輝いた15歳のザギトワ。ジャンプをすべて基礎点の高くなる後半に入れた演技は圧巻だったと同時に、多くの議論をも巻き起こし、国際スケート連盟はルール改正を示唆している。フィギュアスケートとは“技術”なのか、“芸術”なのか、それとも――。 2006年トリノでの荒川静香選手の金メダル以来、継続的に高い人気を保っているフィギュアスケート。高橋大輔選手、羽生結弦選手の出現で男子も当たり前にメダルを期待される競技となり、技術の進化も止まらない競技だが、今回はその歴史やルールを少し掘り下げてみたい。 フィギュアスケート ... のフィギュアスケート公式スポーツルールは、全てのスペ ... の場もしくは動きながら両足ジャンプ、バニーホップ)に限られる。 サークル上で連続したフォアの片足スウィズル(左右 … 来シーズンのジャンプのルール改正が出たようで一番不思議に思ったのが3回転だとループはルッツとフリップより低いのに4回転だと同じ点数に上げられた事!選手や指導者への納得いく説明とかあるのかしら? #フィギュアスケートルール改正 — パンKUN (@pankunsan3) May 11, 2020. 皆さん、こんにちは。 ドーナツスピンマイスターの中野友加里氏が、現在の女子フィギュアの4回転時代のプレロテについて的確な指摘をしているインタビュー。 彼女の言葉自体はとても興味深く、考えさせられる素晴らしいものだったので、ここでご紹介させて頂くわね。 フィギュアスケート ジャンプに関してのルール改定(2016-17) 2016/4/17 2017/11/11 ルール 規定数以上に跳んでしまったジャンプの減点に関して、ISUがガイドラインを改定しました(2016-2017)。 Copyright © 2016-2021 Learn figure skating All Rights Reserved. フィギュアスケートのルール. ISUや各国スケート連盟の発行する公式資料の参照、保管。リンク切れや消失を防ぐため、なるべくウェブ魚拓 やWeb Archives を取得してください。 特にISUは301も出さずに平気で頻繁に置き場所を変え … フィギュアスケート競技に含まれる種目は以下の5種類です。 跳ぶ前の姿勢を後ろから見ると、足が八の字になっているのがわかります。, 右足のバックのアウトサイドで踏み切る。 踏切から着氷まで右足だけで行うジャンプです。, 踏切る瞬間まで左足のアウトサイドで滑る。 を用いてエラーを示す。, 重度のエラー(記号 (e) )の場合にはそのジャンプの基礎値および GOE が引き下げられる。小さなエラー(記号 (!) 初心者にもわかりやすく、フィギュアスケートの競技ルールと見どころをご紹介!いよいよ始まる平昌オリンピックのフィギュアスケート個人戦を観戦する上で、知っておくとより楽しめるプチ情報をお届けします! ファッション. ジュニア女子:ダブル・アクセル, シニア男子女子およびジュニア男子でトリプルアクセルをアクセルジャンプとして行った場合, 右手を後ろに引き腰の回転を抑えて跳びます。 右足のトゥ(つま先)を遠くに着くことで、踏切から着氷までの距離に幅が生まれます。, 左足のバックのインサイドにのって踏切ます。 また、フィギュアスケートをあまり見ない方でさえ知っているのは浅田真央さん、伊藤みどりさんという日本の女子フィギュアスケートの歴史に名を残すお二人の得意なジャンプだったからか … フィギュアスケートのジャンプ要素の略記号の見方をまとめています。 ジャンプは、回転数と種類により、基礎点が決まります。 ジャンプ|ジャンプ要素の略記号の見方(シングル・ペア)|ルール解説|フィギュアスケート研究所 フィギュアスケート スペシャルオリンピックス(so)のフィギュアスケート公式スポーツルールは、全てのスペ シャルオリンピックスフィギュアスケート競技において適用される。国際的なスポーツ組 フリップとルッツ 1.1. フィギュアスケート ジャンプに関してのルール改定(2016-17) 2016/4/17 2017/11/11 ルール 規定数以上に跳んでしまったジャンプの減点に関して、ISUがガイドラインを改定しました(2016-2017)。 まずは、フィギュアスケート競技の概要とプログラムごとのルール・採点のポイントについて詳しく見ていきましょう。 愛知国体におけるフィギュア競技の概要. フィギュアスケートと言えば、ジャンプやスピンなどの技が目立ちますが、ジャンプやスピンなど... スピンの基本姿勢の一つ「キャメル姿勢」 フィギュアスケートの競技規則 フィギュアスケートの公式ルールは国際スケート連盟(isu)が定めた「special regulations & technical rules single & pair skating and ice dance」を日本スケート連盟(jsf)が翻訳・編集しています。 )の場合には,基礎値は本来の 基礎値のままであり GOE が引き下げられる。, ショート・プログラムにおいては,要件を満たさない(回転数が間違っている場合を含めて)ジャンプは,無価値(no value)となるが,まだ空きがある場合はジャンプのボックスを占める。, 2つのダブル・ジャンプから構成されるジャンプ・コンビネーシ ョンが認められていない場合(シニア男子女子,ジュニア男子)には,(記号<, <<, e を考慮する前の)本来の基礎値 が低い方のジャンプの価値はジャンプ・コンビネーションの基礎値には含まれません。(例:2Lz+2T*, 2T*+2Lo, 2Lz<+2T*, 2F<<+2T*)。, ショート・プログラムにおける繰り返し :同一のジャンプがソロ・ジャンプとして行われ,かつジャンプ・コンビネーションの 一部としても行われた場合,繰り返されたジャンプのうち後に行われたものはカウントされません。(後に行われたものがジャンプ・ コンビネーションの一部として行われた場合,繰り返し要件に違反する個々のジャンプのみがカウントされない), フリー・スケーティングにおける余分なジャンプ要素 : 余分なジャンプが行われた場合,要件に違反する個々のジャンプのみが 無価値となる.実施順により余分なジャンプとみなす。, フリー・スケーティング,ジャンプ・シークェンス ジャンプ・シークェンスは任意の回転数の2つのジャンプで構成され,任意のジャンプで開始し,最初のジャンプの着氷のカーブ からアクセル・ジャンプのテイクオフカーブに直接踏み込み,直ちにアクセルタイプのジャンプに続くものとなります。. シット姿勢とは、しゃがんだ状態でスケーティング・レッグの大腿部が少なくとも氷面に平行のスピンです。シットスピンやキャノンボールスピンなどの技が有名です。, フィギュアスケートの採点の際に「プラス」「マイナス」と表示されますが、仕組みがわからない。そんなGOE(出来栄え点)採点ガイドラインの疑問について判断の仕組みを解説します。, フィギュアスケートと言えば、トリプルアクセルが有名ですが同時に難しい印象もあります。シングルアクセルやダブルアクセル、トリプルアクセル、クワドラプル(クワド)アクセルについて難しい点や基礎点、GOEについて解説します。. キャメル姿勢とは、フリー・レッグは後方に位置し、その膝がヒップより高い姿勢のスピンです。キャメルスピンやドーナツスピンなどの技が有名です。, フィギュアスケート スピンのルールや沢山あるスピンの種類、基礎点(得点)、GOE(出来栄え点)についてまとめてあります。スピンの種類ごとに基礎点、GOEを一覧表にしてます。スケート観戦の際に100倍楽しくなりますので参考にしてください。, スピンの基本姿勢の一つ「シット姿勢」 フィギュアスケートルール 【2020年最新版】フィギュアの衣装のルールを3分でわかりやすく解説! miutanmama 2020年2月5日 / 2020年2月6日. 基礎点が低いジャンプを跳んでGOE+5点をもらう方が、難易度が高いジャンプを跳んで-5点引かれる方より有利だったりもします。 ルッツはバックワード・アウトサイド・エッジから踏み切る 1.3. ジャンプ要素の回転数は、ジャンプの空中での軌道を基準とし、踏み切り動作から離氷後に再びスケート靴のブレードが氷に触れるまでの間に何回転したかによって決まる。 1/4 回転以上 1/2 回転未満の場合には,そのジャンプは回転不足 (アンダーローテーション)となります。 1. フィギュアスケートの国際大会における、女子シングルのショートプログラム(SP)についてまとめています。 7個の必須要素(エレメンツ)があります。 何の違いかと言うと、フィギュアスケートの6種類のジャンプの違いです。 キヤノン・ワールドフィギュアスケートウェブでは、元フィギュアスケート選手村主章枝さんによる「ジャンプ」の動画解説を公開中です。ジャンプの種類を見分けるのは難しいですが、見分けのポイントを覚えて、もっとフィギュアスケートを楽しみませんか? 基礎点0.5点となります。, GOEの詳しい採点ルールについてはGOE(出来栄え点)採点ガイドラインをご確認ください。, 基礎点や基礎点に対するGOE、そして回転不足などのエラーなども考えつつ試合や観戦に望んでもらうとまた違った角度で楽しめると思います。, 観戦を楽しみたい!自分も習いたい!子供の為に学びたい!皆さんへ情報発信する事で応援します。. フィギュアスケート競技に含まれる種目は以下の5種類です。 フィギュアスケートを楽しむならdメニュースポーツ!試合速報や選手データ、最新ニュースを無料でご覧頂けます。さらに、フィギュアスケート入門編として基礎知識や技も解説! フィギュアスケートは、1人で滑る男女シングル、男女2人で滑るペアとアイスダンス、16人で滑るシンクロナイズドスケーティングの5種目がある。こちらでは男女シングルのルールを紹介。 こんにちはサルコウです。 ルール的に、得点にはジャンプの比重が高いのが現状。 だったら、取り急ぎ ジャンプの部分だけでもai判定をする ようになると、フィギュアスケートの得点に疑問を抱くことが今より少なくなるかもしれ … 『フィギュアスケートルール改正2018|ジャンプ基礎点(点数)変更【案】まとめ』として記事にしてきました。4回転(クワド)ジャンプを飛ぶ選手が多くなり、フィギュアスケートという競技も変わりつつあるような気がします。 まずは、フィギュアスケート競技の概要とプログラムごとのルール・採点のポイントについて詳しく見ていきましょう。 愛知国体におけるフィギュア競技の概要. こんにちは。フィギュアスケート大好きなヨス(プロフィールはこちら)です。 1998年の長野オリンピックからファン歴はかれこれ20年以上になりますが、最初のころは何が違うのかわかりませんでした。. フィギュアスケートのルール. こんにちは。まゆこです。 もうすぐ全日本選手権ということで、簡単にフィギュアスケートの採点ルールを説明をしようと思います。 フィギュアスケートって毎年微妙にルールが変わる上に、細かいルールがたくさんあるので全部覚えよ […] 【ISUが主催する大会】 ・オリンピック ・世界フィギュアスケート選手権 ・世界ジュニアフィギュアスケート選手権 ・ヨーロッパフィギュアスケート選手権 ・四大陸フィギュアスケート選手権 ・世界フィギュアスケート国別対抗戦 ・ISUジュニアグランプリ 【ISUが承認する大会】 ・ISUチャレンジシリーズ… フィギュアスケートのルール改正[2020-2021シーズン] 2020年5月11日にisuより2020-2021シーズン用のモミュニケーションが発表されました。 皆さん、訳してくださって感謝です . フィギュアスケートの「ルール問題」。 ジャンプの高難度化、演技構成点の曖昧さ、goe(加点)の判断基準など、 あたしたちが「?」と思うことって多々あると思うのよね。 でも疑問に思う前にまずは現行のルールを知っておくということも、 文句垂れる上で笑、重要なことだと思うのよね。 フィギュアスケートの男女シングルのジャンプのルールはご存知ですか? 今日はショートプログラムのジャンプのルールについて解説します。 2015年のスケートカナダで男子シングル・女子シングルともにInvalid elementで一部のジャンプの得点が0点になる選手が続出しました。 ジュニア男子:ダブルまたはトリプル・アクセル 3連続ジャンプの中間の繋ぎに使用されるハーフループです。 また、フィギュアスケートをあまり見ない方でさえ知っているのは浅田真央さん、伊藤みどりさんという日本の女子フィギュアスケートの歴史に名を残すお二人の得意なジャンプだったからかもしれません。